浜縁・高欄の改修

御寺院様からご相談頂く内容に、
浜縁や濡れ縁、高欄の修繕があります。

 

浜縁は向拝の下にあり、階段の最上段の部分。
濡れ縁も浜縁や回廊とも呼ばれたりしますが
どちらにしても遮る壁がなく、
雨風や紫外線に晒されやすい場所のため、変色や腐食が進みやすい部分です。

浜縁の改築工事

元々の浜縁は、木材が傷んでしまっていました。
虫に喰われてすかすかの状態。
一度すべて撤去して
新たに束をたて、浜板を並べます。
一見、ここだけが新しく新木のままですが
これも年数を経る毎に全体と馴染んできます。

また、もともと浜縁がない造りになっているご本堂もあります。
浜縁の新設も可能ですので、ご希望内容をお気軽にご相談下さい。

 

高欄の改修工事

高欄は浜縁と同じく風雨にさらされやすい部分です。
傷んだままにしておくと、不意に転んだ拍子や、たまたま手を掛けた際に
思わぬ事故に繋がることもあります。
既存と同じ木材にすることもできますし
より傷みにくいアルミやステンレス素材を選ぶこともできます。

 

傷んだ高欄の塗装工事

塗装をするだけでも見違えるほど美しくなります。
さらに擬宝珠や笹金物の取り替えをすることで
より風格のある佇まいとなります。

本堂の中のほんの些細な部分かもしれませんが
こだわりのある細部の集合体で全体が出来上がります。

その要素一つ一つが建築の「美しさ」を構成している事を念頭にご提案して参ります。