1. Home
  2. 日蓮宗大本山 清澄寺様 本院改築レポート
  3. 15. 内部工事

15 内部造作仕上げ

清澄寺様 本院改築工事。現在は内部の造作を進めており、
空調関係の工事や柱の設置、天井や内壁の仕上げ工事などを行っております。

また、建物以外の敷地の整備なども進められ、春の完工に向けて工事はどんどん進められています。

  • 開放的な大きな窓が並ぶ廊下は自然の光を沢山取り込み室内を明るくします。
    天井や壁の裏などでは空調設備の工事を行っております。
  • 床柱には黒檀の柱を設置。黒くツヤがある木材で、重厚感を感じる事ができます。
    5人がかりで大切に柱を設置します。
  • 天井の内部の様子。梁や桁には大型の集成材が使われており、
    乾燥による伸縮に強い構造となっております。
  • 室内の工事もだいぶ進み、完成後に近い姿になってきました。
    外の光を取り込む大きな窓は断熱仕様となっており、
    海に近く湿気が多い場所の清澄寺様でも快適にお過ごし頂けます。
  • 建物の裏側を整地しています。こちらは大きな駐車場になる予定です。
  • 建物の裏側に勝手口玄関を増築しています。
    駐車場から内部に入る際の風除室の役割を兼ねています。
  • 下記写真をクリックすると、上記写真が切り替わります。

前のページへ戻る

次のページへ進む