1. Home
  2. 日蓮宗大本山 清澄寺様 本院改築レポート
  3. 13. 内部造作工事

13 内部造作工事

清澄寺様 本院改築工事。現在は内部造作工事にはいっております。

内部から外の大自然が眺められるように大きな窓を設けております。
また、海沿いの立地でも快適に過ごせるように高気密断熱仕様となっております。

  • 内部の工事の様子。
    床には無垢材が使われております。そのため、伸縮を想定してわずかな隙間を作る為に
    数ミリのPPテープを挟みながら無垢材を敷き詰めていきます。完成後にはすべて外されます。
  • 内壁下地の石膏ボードを施工
    住宅のようなクロスではなく、和風建築を意識した漆喰仕上げを施します。
  • 柱などの木材には美しい吉野のヒノキ材が使われております。
  • 正面側の窓には景観を意識したデザイン性のあるサッシが設置されました。通常の窓よりかなり大型な為、
    ビル用の大型サッシが使われております。もちろん断熱仕様の窓で、大きな窓でも室内を快適に保ちます。
  • 外壁の下地工事。仕上がりに直結するため、丁寧に進められます。
  • 外壁の左官工事。漆喰が施されます。
  • 下記写真をクリックすると、上記写真が切り替わります。

前のページへ戻る

次のページへ進む