1. Home
  2. 日蓮宗大本山 清澄寺様 本院改築レポート
  3. 9. 屋根工事開始

9 屋根工事開始

清澄寺様 本院改築工事、現在は屋根工事に入っております。
屋根工事といっても、板金ではなく現在は下地造りを行っております。
この屋根下地により、仕上がりの美しさが決まってくると言っても過言ではありません。
6月中旬からは屋根板金工事も始まっています。
梅雨時期なので、千葉県の天然記念物に指定されているモリアオカエルも顔を出してくれました。

  • これから玄関工事も始まるため、足場も変形されました。
  • 足場からみた屋根下地。
    滑らかさが屋根の曲線美を左右するので重要な工事です。
  • 側面の下屋部分。こちらも下地が出来上がってきています。
  • 本堂裏手にある稲荷社から見下ろしています。
    本院の側面を見下ろしている状態です。
  • 天気の良い日だと本院の向こう側に海が見えます。
  • だんだんと下地が出来上がってきています。
  • 5月中旬には、大工作業所へ見学に参りました。
    玄関に使用する虹梁・蛙股などの彫刻確認しました。
  • 千葉県天然記念物のモリアオガエル。現場事務所にひょっこりと顔を出しました。
    現場管理の拳と比較しても、大きいカエルです。
    日本特有のカエルで背中に斑点があるものもいるそうです。
  • こちらがモリアオガエルの生息池。普段は樹の上で生活していますが、
    繁殖期の5月~7月初旬には池や水たまりにの上に差し出た枝などに集まって産卵します。

下記写真をクリックすると、上記写真が切り替わります。

前のページへ戻る

次のページへ進む