1. Home
  2. 屋根製品
  3. チタン屋根材
  4. チタンカナメ段付本瓦葺き

チタン材ではじめての実現

軽量高耐久のチタン屋根材

チタンを使用した屋根はその強度故、複雑な加工が出来ず、平葺きが主でした。カナメではチタン屋根専用に新たな金型の開発と鋼板メーカーの技術革新により、伝統的な屋根である段付き本瓦の重厚なたたずまいをチタンにて再現することに成功しました。
その再現性、意匠性を評価され、多くの寺院様、神社様など伝統建築でご採用頂いております。

チタンは瓦と比べ軽量のため、建物や駆体にかかる負担が軽減されます。しっかり固定されているため、落下の心配もなく、訪れる参拝客の安全も確保されます。
雨仕舞も綿密に設計されているので、雨漏りの心配もありません。

-完全チタン製-
屋根面はもちろんのこと、棟、鬼瓦などの役物も含め、全てチタンを使用した完全チタン屋根を実現しています。材料を統一することにより、素材の劣化を防ぎ、長年に渡り変わらぬ美しさを保ちます。

チタンカナメ段付本瓦葺き

複雑かつ荘厳なたたずまい。伝統の美が取り込まれた、今までの社寺建築にはない新しい屋根です。

様々な社寺で採用頂いているカナメのチタン屋根

意匠性、耐久性等をご評価頂き、浅草寺様 本堂・宝蔵門をはじめ、多くの御寺院様にチタン屋根を採用頂いております。

浅草寺様宝蔵門 チタン屋根は本堂でも採用

浅草寺様宝蔵門 カナメチタン段付本瓦葺き

主な受賞歴
ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞受賞、福島県 うつくしまものづくり大賞最高賞受賞、
金属素材美的評価賞 大谷美術館賞受賞 (すべて東京都台東区 浅草寺様宝蔵門)

カナメチタン段付き本瓦葺きの図面

カナメチタン段付き本瓦葺きの断面図

▲チタン段付本瓦葺き 詳細図 新設計による立ち上がり部の段差構造により今までにない水密性と施工性を実現。

チタン屋根葺きの施工例はこちら

ページ先頭へ