1. Home
  2. お知らせ
  3. 2015.12.17 【お知らせ】寺院・神社の防災対策・防犯対策

2015.12.17 【お知らせ】寺院・神社の防災対策・防犯対策

2015.12.17 【お知らせ】寺院・神社の防災対策・防犯対策

寺院・神社の防災・防犯対策

寺院・神社は日本の財産です。
その財産を次の世代にも、その次の世代にも残せるように。
大切な伽藍の安全と安心をお約束致します。


平成26年に起きた建物火災23,569件のうち、寺院・神社は87件。
そのうち放火が原因とされたものは25件と約30%にのぼります。
神社仏閣では歴史や宝が奉納されている場合が多いので受け継がれたものが
一瞬で消えてしまう恐れがあります。
先日、愛知県の徳川家にゆかりがある御寺院で全焼する事故が起きています。
誰にでも門戸を開いている分、対策の必要性が注目されているのです。


寺院・神社の防災対策、火災対策

以前、屋根改修工事をさせて頂いた善光寺 東海別院様ですが防燃工事もさせて頂いております。
防燃工事とは、木材などを「燃えにくくする」工事。
新築などで、利用する木材に染みこませるのが一番効果的ですが、
既にある建物に吹き付け塗布でも十分な効果が期待できます。

寺院・神社の防犯対策

寺院・神社は誰にでも門戸が開かれている分、今、防犯対策が必要とされています。
防犯カメラやセンサーの設置、素早く察知できる方法がございます。
大切な伽藍の安全と安心をお守りします。

社寺地震対策や施工事例カタログ、チタン屋根カタログなど
資料請求はこちらからお申し込みください。